上原ゼンジ写真実験室ブログ

Zenji Uehara
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    接写リングで宙玉をコンパクトに
    0
      ソニー α NEX-5Rとキヤノン Eos Kiss X5で宙玉のテストをしてみました。
      接写リングを利用することにより、筒の長さを短くすることができました。金属製のメタルフードなどを使ってかっこよく工作することも可能。

      ●宙玉+チップスターの空き箱(長さ30mm)、ステップアップリング 52-67mm、ステップアップリング 40.5-52mm、E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS、ケンコー デジタル接写リング ソニーα用 12mm、α NEX-5R
      宙玉+チップスターの空き箱(長さ30mm)、ステップアップリング 52-67mm、ステップアップリング 40.5-52mm、E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS、ケンコー デジタル接写リング ソニーα用 12mm、α NEX-5R

      ●宙玉+チップスターの空き箱(長さ30mm)、ステップアップリング 58-67mm、EF–S18–55 IS II、キヤノン エクステンションチューブEF12II、Eos Kiss X5
      宙玉+チップスターの空き箱(長さ30mm)、ステップアップリング 58-67mm、EF–S18–55 IS II、キヤノン エクステンションチューブEF12II、Eos Kiss X5

      宙玉というのは近くの透明球にピントを合わせなければいけないので、接写ができるようにする必要があります。接写できるようにするためには、いくつか方法がありますが、それぞれメリット、デメリットがあります。

      ◇マクロレンズ
      単体で接写可能な点がメリット。ただし望遠系のマクロ(90mm以上)の場合、玉を適切なサイズになるよう撮影するためには、筒を長くする必要があり使いづらい。また玉の周りの背景に写る範囲が狭くなってしまい、単調なイメージになる可能性がある。

      ◇クローズアップレンズ
      レンズの先端につけて使用する。安価で接写できるようになる。しかし玉を適切なサイズに撮影するためには、倍率の高いクローズアップレンズを使う必要がある。金属製の筒と併用した場合に重くなってしまう可能性がある。

      ◇接写リング(エクステンションチューブ)
      レンズとボディの間に入れて使用。筒をかなり短くできるため宙玉と組み合わせるのに向いている。電子接点があるものとないものがあり、絞りリングのない最近のレンズと電子接点のない接写リングの組み合わせでは絞りのコントロールができなくなる。電子接点のある接写リングは高価だが、電子接点のない安い接写リングと絞りリングのある中古レンズの組み合わせもおもしろい。全体をコンパクトにするためには、コンパクトな広角系単焦点レンズを探すといい。

      マーラー

      ●いろんなメーカーのエクステンションチューブ
      安いエクステンションチューブは絞りリングのあるレンズと組み合わせる。

      ●金属フレームを使う方法(デジカメWatch)

      ●宙玉の販売ページ
       
      | 宙玉レンズ | 21:00 | comments(0) | - |
      福井若恵さんのWEB写真集「徒歩目線」を公開
      0
        福井若恵
         bitgalleryで福井若恵さんのWEB写真集「徒歩目線」を公開しました。
        若恵さんと初めて出会ったのは、30年前のこと。互いに学生で本の雑誌の助っ人として働いていました。
        その後、若恵さんはイラストレーターとして活動を始めますが、イラストに付けるコメントや短文が面白く、何冊かのエッセイ集も上梓されています。
         
        続きを読む >>
        | 写真 | 22:34 | comments(0) | - |
        上原ゼンジ写真展は2日より!
        0
          上原ゼンジ
          現在、ARTALK2用の写真をプリント中。
          工作したブツの写真なども含めると80点以上になってしまった。
          ちょこちょこと、いろんなネタをお見せしますので、
          ぜひお越しください!
          続きを読む >>
          | 写真 | 21:43 | comments(0) | - |
          上原ゼンジ写真実験室「ARTALK 2」に参加
          0
            「デザイン・フェスタ・ギャラリー原宿」で開催されるイベントに参加します。6畳ぐらいのスペースを「上原ゼンジ写真実験室」として借りました。新作、旧作の写真と機材の展示をします。3日間ですが、会場に詰めるつもりなので、何か聞きたいことなどありましたらおいでください。宙玉レンズや万華鏡ミラーの販売などもします。

            新作は太陽画シリーズ。日光写真のイメージで、透過する陽の光により撮影。

            ◇2011年9月2日(金)〜4日(日)
            ◇会場 : デザイン・フェスタ・ギャラリー原宿WEST
            ◇ARTALK2公式サイト
            http://artalk.jp/

            上原ゼンジ

            上原ゼンジ

            上原ゼンジ

            ドリルドライバー


            | 写真 | 19:59 | comments(0) | - |
            宙玉レンズ in 新島
            0
              JUGEMテーマ:写真
               
              家族で新島に行ってきた。
              すごくきれいな海と砂浜に癒されてきた。
              これは新島でお世話になった民宿「saro」で撮影した写真。
              宙玉の中に夏の思い出を閉じ込めました。

              宙玉レンズ

              宙玉レンズ

              宙玉レンズ

              宙玉レンズ

              宙玉レンズ

              宙玉レンズ

              宙玉レンズ

              宙玉レンズ

              宙玉レンズ

              宙玉レンズ

              | 宙玉レンズ | 10:05 | comments(0) | - |
              講演「上原ゼンジの実験写真術」(関西電塾)
              0
                JUGEMテーマ:写真
                 
                上原ゼンジ

                5月28日(土)13:30 〜 16:30

                「宙玉レンズ」や「手ブレ増幅装置」など
                ユニークな撮影法で実験的な写真に挑戦し続ける上原ゼンジによる講演。
                宙玉レンズや万華鏡カメラなどの実物も手にとって体験できます!

                ●主催
                関西電塾
                http://i-digital.jp/kansai_denjuku/
                ●会場
                株式会社 2055
                東大阪市中新開2-8-8 TEL.072-963-2055
                http://www.2055.jp/access/
                ●会費
                初参加の方 1,000円/一般 5,000円 / 電塾/APA/JPS/WA 各会員 3,000円 / 学生 1,000円
                | 写真 | 17:13 | comments(0) | - |
                宙玉で春を撮る
                0
                  JUGEMテーマ:写真
                   
                  宙玉レンズを使って春の花を撮りました。
                  「宙玉ギャラリー」もご覧ください。
                  http://bit.ly/g7HZX8

                  宙玉

                  宙玉

                  宙玉

                  宙玉

                  宙玉

                  | 宙玉レンズ | 11:00 | comments(0) | - |
                  宙玉でイルミネーション
                  0
                    JUGEMテーマ:写真
                     
                    宙玉レンズを使ってイルミネーションの撮影をしてきました。
                    使ったカメラはRicoh GR DIGITAL III。
                    けっこう面白い感じで撮れるけど、暗くて手ブレしやすいので、注意が必要。
                    バックのボケ感は絞り値によって変わるので、液晶でボケ具合を確認しながら撮るといい。
                    もうちょっといろいろ撮ってみたいな。

                    宙玉

                    宙玉

                    宙玉

                    宙玉

                    宙玉
                    | 宙玉レンズ | 21:51 | comments(1) | - |
                    宙玉レンズのコミュニティー
                    0
                      JUGEMテーマ:写真
                       
                      宙玉レンズのコミュニティーを作りました。
                      3つも作っちゃいました。
                      それぞれ、写真をアップしたり、コメントを付けたりできます。
                      とりあえず、細かいルールはなしにして、宙玉レンズで撮影した写真、工作した宙玉レンズの写真などをアップしていただければと思います。

                      「フォト蔵」はすでにたくさんの宙玉写真がアップされている写真共有サイト。
                      「flickr」は世界中の人たちに写真を見て欲しいという人向き。
                      そして「30days Album」は登録不要で合言葉を入力するだけで、写真のアップができます。

                      フォト蔵とflickrと30days Albumで、写真がダブったりしても構いません。
                      ご自由にお使いください!

                      ◇フォト蔵
                      宙玉人[そらたまんちゅ]
                      http://photozou.jp/community/show/2896

                      ◇flickr
                      Soratama
                      http://www.flickr.com/groups/soratama/
                      宙玉コミュ

                      ◇30days Album
                      宙玉宇宙
                      http://30d.jp/zenji/1
                      合い言葉
                      soratama

                      | 宙玉レンズ | 17:58 | comments(0) | - |
                      上原ゼンジ「森の撮影会」
                      0
                        森林公園で「森の撮影会」を行いました。
                        東武東上線の森林公園駅は池袋から1時間ほどの所にあり、そこからさらにバスに5分ほど乗ると国営武蔵丘陵森林公園に到着します。
                        ちょっと遠いですが、今回の目的のひとつにキノコの撮影があったので、キノコと遭遇できる場所ということで撮影地としました。

                        撮影はあまり移動せず、狭い範囲の中で、いかに面白い被写体を発見できるか? という感じで進めました。天気にも恵まれ、なかなか気持ちよく撮影できました。

                        私が主に使ったのは、ニコンD5000+カールツァイス ディスタゴン T* 2.8/25。D5000というのは液晶画面が可動式(バリアングル)になっていて、上から覗き込んで撮影することができます。これはカメラを地面に置き、キノコを真横から撮影するのに向いています。レンズの方は独特のボケ具合が気に入ってます。

                        ■上原ゼンジの写真

                        これは松の発芽だそうです。ナンだろう? と思いながら、そのフォルムに惹かれて撮影しました。


                        キノコをローアングルから撮影。こういうのを撮影する時はバリアングルの液晶が力を発揮します。


                        大量のキノコに遭遇して、撮影している参加者の皆さん。何を撮っているのかは、Flickrの方でご確認ください。
                        http://bit.ly/afIcHw


                        ■参加者の皆さんの写真
                        参加された方達の写真もブログなどで公開されています。ぜひごらんください。

                        ●モニッキ。
                        http://mojoge.jugem.jp/?eid=4105


                        ●春と秋のねこぶー
                        http://sakuranekoboo.blog42.fc2.com/blog-entry-588.html
                        http://sakuranekoboo.blog42.fc2.com/blog-entry-591.html


                        ●ミケタンと僕の日記Part2
                        http://ukuk5656.exblog.jp/13490598/


                        ●竹丸のカメラ日和
                        http://kanekotohta.jp/endohideko20101023.html


                        ●muwtan
                        http://30d.jp/muwtan/3


                        ■渋谷ナダールでの「上原ゼンジの写真教室」
                        11月6日より、「上原ゼンジの写真教室」が始まります。
                        興味がある方はぜひご参加ください。
                        http://bit.ly/cDS5dS

                        | キノコ | 09:31 | comments(1) | - |
                        CALENDAR
                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << October 2016 >>
                        PR
                        SELECTED ENTRIES
                        CATEGORIES
                        ARCHIVES
                        RECENT COMMENT
                        RECENT TRACKBACK
                        ワークショップ4月開講!
                        モバイル
                        qrcode
                        LINKS
                        PROFILE